FC2ブログ

ジプレキサ断薬による離脱症状のブログ

ジプレキサ断薬による離脱症状(不眠と吐き気)の回復記録を残します

ジプレキサ 離脱症状 不眠  

離脱症状で不眠はあるだろうなと思ったら予想通り不眠になりました。
でも、断薬1カ月経っても元に戻らないのは予想外でした。

断薬1カ月後の今は30分~2時間程度の細切れの睡眠で
トータルで4~5時間は寝ています。
慣れというのは恐ろしいもので、こんな睡眠時間でも日中生活は問題なく送れています。
時々1時間ほどの昼寝はしますが。

まず、目標は3時間の連続睡眠が取れるようになること。
そして、次は6時間の連続睡眠が安定して取れるようになることです。

服薬前は、何の苦労も無く8時間以上は眠れていたのにな。

断薬してからの不眠の症状について、少し書き残します。


■入眠困難
 断薬直後は頭が冴えて眠気すらなかなかこなかった。
 布団に入ってもウトウトが続くだけで、夢だか現実だかが分からない状態が2~3時間続く。
 布団に入って30分位で眠気は来るのだが、寝そうになるとパッと目が覚める。
 断薬1カ月後は1時間以内に眠れる日が増える。

■中途覚醒
 30分~2時間の睡眠で目が覚める。ただし、その後は比較的また眠れる。
 中途覚醒は1晩に2~4回。
 断薬1カ月経っても改善の兆し無し。

■早朝覚醒
 明け方目が覚めるとその後眠れなくなった。
 目が覚めると、あまり寝ていない筈なのに、頭が覚醒して冴える感じがした。
 無理に布団に入ったまま寝ようとすると、ウトウトして現実だか夢だか分からない状態が続く。
 断薬1カ月後は7:00頃まで眠れるようになった。

■悪夢
 夢の内容は覚えていないけど、追いかけても追いかけても追いつけないような夢や
 何かに執拗に追いかけられる夢を見る。
 とにかく、寝ている時も、目覚めた時もとても気分が悪い。
 そういった夢は、一度目が覚めても続きで見ることが多かった。
 断薬1カ月後には悪夢は減った。
スポンサーサイト



category: 離脱症状

tb: 0   cm: 0

ジプレキサ 離脱症状 吐き気  

ジプレキサの離脱症状で不眠は覚悟していましたが
まさか、ここまで吐き気に苦しめられるとは思いませんでした。

吐き気が酷い時は不眠より辛く、断薬の中止すら考えました。
断薬13日目あたりから良くなってきましたが、断薬30日目の今も尚続いています。

ただ、生活に支障のあるほどの吐き気はかなり減りました。

■吐き気の症状
 乗り物酔いしている感じ
 頭がグラグラする。船に揺られている感じ
 二日酔いがずっと続いている感じ 

■悪化要因
 車に乗る
 食べ物の匂い
 じっと座っている
 PCやTVを見ている
 体を横にする
 目を閉じる
 激しい運動

■良くなる要因
 お風呂に入る
 飲み物を飲む(特に暖かいお茶が効果あり)
 部屋をうろうろする

■調子の悪くなる時間
 最近は午前は比較的吐き気は無いです。
 午後(14時頃)、夕方(17時頃)、夜(19時頃)から吐き気が始まります。
 でも寝る時間が近づくと吐き気は治まります。
 大体22時頃には良くなっています。


普通、乗り物酔いや吐き気というのは連続して辛いのですが
この離脱症状の吐き気は、連続して吐き気が続いている時でも、
途中でピタッと治まる時があります。とても不思議です。
そいった時に、あわてて食事をとるようにしていました。

category: 離脱症状

tb: 0   cm: 6