FC2ブログ

ジプレキサ断薬による離脱症状のブログ

ジプレキサ断薬による離脱症状(不眠と吐き気)の回復記録を残します

暇なので稼ぐネタ探しに行って来た  

今日は天気も良いし外へ行こうと思った。

普段使っていない証券会社の店頭へ行って、少し話をしてこようと思う。
暇だし、少しでも儲けに繋がると良いのだけど。
 
無職だと、仕事も無く収入もない。時間だけはたっぷりある。
株で少しでも稼げるよう努力をしておかなくては。


5年振りぐらいに、その証券会社の店頭へ行った。
当然、担当者は既にいない。
受付の女性に久し振りの来店であることを伝え、新しく担当者を付けて欲しいと申し出た。
受付の女性
「女性が良いとか、男性が良いとかご希望はありますか?」

「特に希望は無いです」と答えた。

しばらく待たされて、中年の男性が現われた。嫌な予感がした。
名刺を渡され、肩書を見ると副部長。
あー。


----------------------------------------------------------------------------

昔の話
某証券会社で(今もメインで使っている)
課長代理の担当者から、上司に会って欲しいと言われた。

仕事が終わってから、その上司を会いに行った。
閉店した支店のブースに通された。
彼は50代前半の男性。支店No2の次長だった。
支店の実務は彼が中心に行っているとのことだった。
初めての面談の時には、取り引き方針など1時間程話をした。

この面談の後も、頻繁に呼び出しの電話がかかってきた。
私の仕事が終わった後の19時からとか、仕事が休みの時とか、
支店に呼び出され、取り引きの話を色々した。
ちょっと危ないと思う商品でも、付き合いで買ったりして。
儲かる話も持ってきてもらったので、ギブアンドテイクの関係だった。
リターンもそこそこあったけど、神経をすり減らして大変だった。

その次長も転勤になり、また担当者から電話がかかってきた。
新しい上司と面談して欲しいと。
次の上司の役職は課長。
年は私より若い。株の話をしていて30代半ばぐらいであることが想像できた。
彼は非常にあっさりしていた。
一度の面談をしただけで、その後の面談は無し。

私は干されてしまったかというと、そうでも無く、過去の取り引き実績もあり
今でも非常に良くして貰っている。

----------------------------------------------------------------------------

話は元に戻るが、
経験上、役職が上位になるほど、営業がきつくなる。
投資金額も必然的に上がってくる。
だから、役職の無い担当者ができれば良い。
ただ、できない担当者だと、良い案件を引っ張って来ることができないので
平だから良いかというと、そういう訳でもないのだが・・・

そして、案の定、初対面の副部長から強烈な売り込みを受けた。
でも、そこは丁重にお断りして、こちらの投資方針を伝えた。
昔なら多少お付き合いはしたと思う。
でも今は無職。できればリスクを取りたくない。
そして、明日、資金の一部を振り込む約束をしただけで、今日は終わりにした。



ジプレキサを飲んでいる時、頭は全然まわらなかった。
人とまともに会話するなんて、できなかっただろう。
ましてや、外出すらことすらままならなかった。

こうして、証券会社へ行って、昔のように取り引きを復活させられる。
少し、社会に戻れたようで嬉しかった。
スポンサーサイト



category: 仕事

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dourakumusuko101.blog.fc2.com/tb.php/109-0f7b75af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)